ピアノ講師の仕事はプライドが大事!

<宮崎刑務所>受刑者虐待、記録も改ざん 職員5人書類送検(毎日新聞)

 宮崎刑務所(宮崎市)は23日、受刑者を収容した保護室の室温を上げて虐待し記録を改ざんしたとして、幹部職員5人を特別公務員暴行陵虐と虚偽公文書作成容疑で宮崎地検に書類送検した。このうち元処遇部長の男性(当時55歳)は事件の捜査中に自殺している。福岡矯正管区は元処遇部長を除く4人と当時の畑江裕二所長(57)を懲戒処分にした。

 送検されたのは元処遇部長の他に、本村敬彦・元主任矯正処遇官(47)=懲戒免職▽同首席矯正処遇官(46)▽52歳と36歳の統括矯正処遇官の2人=以上停職6月。畑江元所長は減給2カ月(10分の1)の処分にした。

 容疑は、08年7月24日午後3時ごろから約24時間にわたって、保護室に収容した50代の男性受刑者を懲らしめるため、床暖房を入れて室温を38度に上げて虐待。さらに、本村元主任矯正処遇官が記録表の室温「38」をつぶして「28」に書き換えたほか、刑務所の監査で男性受刑者が苦情を申し出た際、5人は新たに新しい記録表を作って虚偽の公文書を作った疑い。

 5人は「日ごろから態度が悪く、懲らしめるためにやった」と容疑を認めているという。受刑者の体調に異常はなかったという。

 福岡矯正管区が昨年11月に、不適正処分の疑いがある別のケースを調査中に発覚。元処遇部長は、取り調べを受けていた今年3月2日に遺書を残して自殺した。調べに「明らかな虐待だったので、分からないように記録書を作り替えた」などと供述していたという。

 福岡矯正管区の国吉高虎・第1部長は「組織ぐるみととらえられても仕方がない。非常に申し訳ない」と話している。【川上珠実】

【関連ニュース】
京都刑務所:低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
オダギリジョー:内館牧子さん脚本のドラマ「塀の中の中学校」に主演 渡辺謙ら豪華キャストで
障害者の「罪と罰」:イギリスからの報告/中 段階踏んで、地域に復帰

本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街(産経新聞)
皇太子さま「古代の都を理解する場に」平城宮跡で大極殿完成記念式典(産経新聞)
「アフガンに寄宿舎を」=故伊藤和也さん両親が寄付−菜の花基金の2000万(時事通信)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見−宇都宮(時事通信)
捕鯨船員は「不起訴相当」=鯨肉持ち帰り、検察審が議決(時事通信)
[PR]
# by 4j7s0nhjum | 2010-04-27 20:28

ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)

 アイスランド南部の火山噴火で欧州各地では閉鎖する空港が相次いでおり、18日に予定されているポーランドのカチンスキ大統領夫妻(政府専用機の墜落事故で死亡)の国葬に参列する各国首脳らには、陸路移動を余儀なくされるなどの影響が出ている。

 AP通信などによると、ポーランド大統領府は16日、遺族の強い要望で国葬を予定通り18日に南部クラクフで行うとの方針を明らかにした。ただ、同国の空港は17日現在も閉鎖が続いており、再開のめどは立っていない。

 国葬に出席予定のメルケル独首相は、訪問先の米国から帰国途中の16日、火山灰の影響で政府専用機がベルリンに戻れず、急遽(きゅうきょ)、ポルトガル・リスボンの空港に着陸。ここで1泊し、陸路での帰国と国葬出席を目指すことになった。

 韓国は17日、鄭雲燦首相の国葬出席を取りやめ、代わりに駐ポーランド大使を出席させると決定。スロバキアのガシュパロビッチ大統領は陸路でクラクフ入りする。国葬にはオバマ米大統領やメドベージェフ露大統領も出席する予定で、これまでのところ、米露からポーランド政府にキャンセルの連絡はないという。

【関連記事】
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
独首相、ベルリンに戻れず
江田参院議長のポーランド弔問中止
アイスランド火山噴火 空の足は大混乱
ポーランド大統領の埋葬場所めぐり論争

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<高速料金>政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で(毎日新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
[PR]
# by 4j7s0nhjum | 2010-04-23 05:50

元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士−兵庫(時事通信)

 2001年7月に発生した兵庫県明石市の歩道橋事故で、検察官役を務める指定弁護士は15日、検察審査会が業務上過失致死傷罪で強制起訴する議決(起訴議決)をした榊和晄・元県警明石署副署長(63)を補充捜査で任意聴取した。指定弁護士は取り調べの全過程を録音・録画する意向を示しており、元副署長が応じれば全国初の全面可視化での聴取となる。 

【関連ニュース】
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら
小型センサー搭載の電源タップ開発=富士通研究所
えん罪防止に可視化導入を=千葉法相
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降
時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承

春の大雪、道内大荒れ…日高では記録的大雨(読売新聞)
<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)
78歳女性、殺される=強盗殺人事件で捜査−山口県警(時事通信)
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」−東京地裁(時事通信)
[PR]
# by 4j7s0nhjum | 2010-04-20 15:17

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)

 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。

 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。

 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。【宍戸護】

損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)
将棋 急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
法務省看板に朱色墨汁? 男の身柄を確保 警視庁 (産経新聞)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)
[PR]
# by 4j7s0nhjum | 2010-04-14 12:49

銀行本店に油まき放火=男を確保、けが人なしか−山形(時事通信)

 山形県警によると、山形市のきらやか銀行本店で7日午前、男が灯油のようなものをまいて火を付け、身柄を確保された。けが人はいないもよう。 

<脂肪燃焼ホルモン>運動と同様の効果 東大チームが検証(毎日新聞)
日本医師会長選 原中勝征氏が初当選 自民離れ加速も(毎日新聞)
民主党 参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も(毎日新聞)
老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)
散弾銃を不法所持、店内に飾っていた喫茶店マスターを逮捕 大阪府警(産経新聞)
[PR]
# by 4j7s0nhjum | 2010-04-09 01:54